ZPI
 

ライトソルトゲームにおけるカーボンWハンドルの必要性はいうまでもありません。

『軽量なリグをリトリーブ又はアクションさせながら、潮の変化を読み取ってリグを誘導し、フォール中ないしはリトリーブ中に訪れる小さなバイトを感知して合わせる。』 言葉にすると簡単ですが、そこには、極めて高次元での・・・ハンドルの遊びの少なさ(剛性)、感度の高さが求められます。

 また、リトリーブするという特性上、シングルハンドルよりも、Wハンドルの方が一定のスピードで巻き続ける動作に分があります。しかしながら、Wハンドルは重たい・・・。すなわち、軽さ(感度)と剛性という相反する条件を満たしてからこそ、本当の意味でのWハンドルの存在価値があるのです。

 



 そこで今回発売されるソルティーバライトハンドルはZPI製スピニングWハンドルの中でも最も進化を遂げております。特くに効果を感じたのは、ボスの小型化(※以前のカーズスピニングWハンドルより短い)ハンドルポジションがリール側に近付いたことによって、操作性(巻き心地)が格段にアップ。よりダイレクトな操作感が得られています。

 キャロや、スプリットショット、メタルジグ、プラッギングなど、のパワーアジング、1.0g以上のJHを用いたメバリング、3.0寸クラスのライトエギングにおいて圧倒的なパフォーマンスを誇っていました。

 私自身、M−キャロを用いたアジング、メタルジグアジング、秋シーズンのエギング、ティップランエギングなどに使用。効果を実感していました。また、北部九州のアジンガーにも高い評価をいただいていました。



また、超軽量なライトフィネスノブを標準装備することでは感度勿論のこと、操作性も格段にアップにしたと実感しております。  

 我師弓削和夫氏をはじめ、周囲のエキスパートアングラー及び、友人・知人から、その極めて高い機能とシンプルなカッコよさに好評をいただいています。

戻る

 

ZPI